よもやま話

DVD

DVDが世に出たての頃は、その画質の良さに感嘆したものです。

何せ比較対照がVHSもしくはLDだったわけですから。

ところが今や、

DVDで納品するときには、予め予防線を張ってしまうときがあります。

「DVD画質ですからね!」

勿論「きれいですよ。」という意味ではなく、その逆を指してのことである。

お客様は撮影から編集作業の過程において、とてもクリアな画質で作品を観ているので、

最後に納品されたDVDの映像を観た時のショックは、大凡予測はできたりします。

最近では、6K(横約6000ピクセル×縦3000ピクセル:約1900万画素数)で撮影して、

DVD(720ピクセル×480ピクセル:約35万画素数)にするケースも多くなりました。

当然のごとく画質劣化は避けられないし、DVDに分が悪いのは否めない。

じゃあブルーレイで納品!ってことになるのだけど、

いまいちパソコンでのブルーレイ環境の普及率が高くないのか?需要が少ないのが現状です。

※ちなみに小生、4Kウルトラブルーレイで映画を観る機会が多くなったからか、

ブルーレイの映像ですら粗く感じることがあります。(ホント慣れってこわいですね…。)

最近では、高解像度のデータ納品が主流の中、(形式上)モノとしての納品物が必要なので、

「汚くてもいいのでとりあえずDVDもください」というケースも…。

散々な扱いのDVDである、

とは言え、汎用性の高いとDVDとは今後もうまいこと付き合っていかなくてはならなくて、

映像劣化が少ないDVDをつくるにはどうしたらいいか?と、かなり試行錯誤した過去があります。

そうして編み出したDVDの作り方がありまして、

よく「DVDの映像にしては割とマシだね!」という

誉め言葉なのか?貶されているのか?よく分からない言葉を承ります(笑)

前置きがだいぶ長くなりました。

という訳で、本日めでたく完成した作品をDVDで納品させていただきました。

まあ、割とマシなDVDというやつです。(笑) ※勿論データ納品もしました~。

3月は納品ラッシュでしたが、スケジュール管理がパズルのピースようにはまり、

全ての映像作品を無事納めることができました。

また機会がありましたら、ここで紹介させていただきます。
 

 

 

 

 

よもやま話

カットシート

コンテと言っても種類があって、まず最初に作るのは企画コンテ。
けっこういい加減というか、伝える箇所を誇張して描くことが多い。
あまりにいい加減に考えて、予算とか撮影方法とか深く考えず、
数合わせ的に作った企画コンテに決まってしまったとき、青ざめるなんてことは往々にしてある。

決定した企画コンテをベースに
具体的に演出意図や秒数を記したものが演出コンテ。

手前味噌ながら、絵を描くのが得意なので、
演出コンテを描く際は気合が入る。
とは言え、とても大変な作業である。

絵というものは、単に書き込めばいいというものでもないし、
いかに端的に演出の意図を伝えるかが大事だからだ。
そして、予算や撮影時間という現実的なものと向き合って描かなければならないので、
とてもとても神経を使う作業である。
そして、この演出コンテで作品の良し悪しはおおよそ決まる。

大概はこの演出コンテを持ってMAに臨むことが多いのだけど、
言語の異なるバージョンを作るとき、
或いは長編のPVとか、タイプ数の多い映像コンテンツを作るとき、
はたまた広告代理店のクリエイティブのパフォーマンスの一環で、
MA用にカットシートというものを作る。

すでに出来上がっている映像を1コマ1コマ静止画にして書き出して、
絵コンテに貼りつける。ト書きなどは削除して、
ナレーションやBGMの指示など、
音に関する項目に紙面をさくのがカットシートの特徴である。

確かにカットシートがあるとMA時はとても便利である。
ただカットシートを作るのは地味にとても大変でもある。

すごく忙しいとき、カットシートを作るのやめようかな?って思うときも正直ある。
別になくてもMAは進行できるさ!と、悪魔が耳元囁くことがある。

ただ、どれだけ忙しくてもやはり手は抜けない。
いや、忙しいときこそ手は抜けない。

ということで30Pに及ぶ完璧のカットシートを
作りました!という自慢話でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事の現場から

怒涛の1週間

怒涛の1週間が過ぎました。

撮影して、船に乗って、

撮影して、旅館で映像編集して、移動して、

撮影して、ホテルで絵コンテ作って、また船にのって、

撮影して、ホテルで編集して、移動して、

撮影して、ホテルで台本作って、移動して、

また撮影して…。

学校に行って、島に渡って、湖に行って、最後は山に登って、スキーで締めくくる。

とにかく天気がもってよかったです。誰もケガすることなく1週間を終えてよかったです。

撮影が連日続いたりするときこそ、安全面にしっかり留意し、撮影に臨まなければなりません。

そして、いろんな人々とのご協力があって、撮影が行えたことに

改めて感謝したいと思います!


 

 

 

 

 

 

仕事の現場から

神頼み

通常、オープンで撮影する場合、

(当然雨天ではいい絵も撮れないので)

予備日を設けて臨むのが常です。

ただ中には、様々な諸事情から予備日を設けることができない場合もあります。

そんな時は昔ながらの神頼みってやつです。

この日の滋賀県は降水確率70%でした。

撮影の当日朝まで、ヤフーの天気予報をひたすら

見て過ごしたのは言うまでもありません。

とは言え、まあ何とかなったりするもんです。

いい天気でした!しかも風も吹かず、

穏やかな琵琶湖の湖畔で良い撮影ができました。

しかし、一難去ってまた一難。

来週も天候が危うい日に、

どうにも後にずらせない一日中オープンの撮影があります。

今度は、降水確率80%です。

(だいぶ降水確率が下がりました)

天気が何とか持ちこたえてほしいです。
 

 

 

 

 

 

 

よもやま話

没頭

とかく忙しい。
起きてすぐ仕事、食べてすぐ仕事、そして寝て…の毎日。
仕事に没頭できるのはいいことだ。
夢中になれたら最高なんだろうけど。贅沢は言うまい。

旅行に行きたい。
美味しいもの食べにいきたい。
映画やライブ観にいきたい。
なんて一切思わない。

不謹慎かもしればいけれど、
こういう気持ちにさせないで、仕事に一心不乱に打ち込めるのは、
コロナ過の数少ない恩恵の一つかもしれない。

コロナだろうがなんだろうが、
利用しない手はない。

最近の仕事以外の楽しみといえば、
犬と遊ぶことと、ネットショッピング。
後はNetFlix
この3つがあれば
はっきり言って何とかなる。

さてと、今日はこの辺で仕事を終わらすか。

仕事の現場から

ものづくりへのこだわり

「テクニカルビジット」という視点から、
愛知・名古屋の魅力を伝えるということで、
数日に及ぶ、各企業さまへのロケが本日で無事終了しました。

愛知は、ものづくりの街です。
それが、自動車であれ、家具であれ、お酒であれ、味噌であれ、
根底にあるものづくりへのこだわりは、おおよそ皆同じだと思います。

伝統という意味では私の会社など、
取材させていただいた企業さまの足元にも及びませんが、
ものづくりへのこだわりという面では、
引けをとらないよう、これからも精進し挑んでいこうと思います。

 

 

 

 

 

仕事の現場から

グランピング

近年注目されている新しいキャンプスタイル「グランピング」。

グランピング/glampingとは、
グラマラス/glamorous(魅力的な)とキャンピング/campingを組み合わせた造語で、
自分でテントやキャンプ道具などを用意しなくても気軽にキャンプ体験を楽しむことができ、
ホテル並みの快適なサービスも受けられる、近年注目されている新しいキャンプスタイル。

ということで、本日は滋賀県米原市にある
グランスノー奥伊吹のグランピング施設「グランエレメント」様にて撮影を慣行。

伊吹山に見守られながら、
シックに演出された空間が膨大な敷地に繰り広がる。
その中で楽しむ美味しい食事とお酒。

なるほど、これは確かに魅力的だ。
値段もさほど高くもなく、名古屋から程よい距離の場所にあるのもいい。
ここならプライベートでも来てみたい!

早くコロナが収束して、観光地や行楽地に人が戻って来てほしいと節に思う。

 

 

 

 

よもやま話

AI

AIが勝手に撮影し、
AIが勝手に台本を執筆してくれて、
AIが勝手にフォトショップ加工してくれて、
AIが勝手に映像編集してくれる。

確かにいい時代になりました。
そして実際問題、とても便利だと思います。

でもこの手のものは、適材適所に利用するに限ります。
流行りにのっかったら、個性もふっ飛んでしまって、
とどのつまり、皆同じ格好、同じ顔になってました。
なんてありがちですからね。

AIが「ビートルズ」をイメージして、勝手に作曲してしまう時代。
まあシャレのつもりなんだろうけど。悪い冗談でしかありません。
こんなの有り難がる人いるんでしょうか?

便利だから、もの珍しいから、最新テクノロジーだから、
それで「観る人の心が動く」のなら、
皮肉でもなく、喜んで飛びつきます!

さてと・・・うだうだ言っても始まらないので、
私なりに仕事をしよう思います。

悩み、考え、また悩み、相談したり、リサーチしたり、
雑巾を絞るかのごとく知恵を絞り出し、ようやくカタチにしてみせて、
それから修正して、またブラシュアップして、etc・・・

こうした紆余曲折を得て、ようやく辿り着くことのできる境地があります。
それこそがオリジナリティなのだと、私は思います。

 

 

 

 

 


pagetop