怒涛の1週間

怒涛の1週間が過ぎました。

撮影して、船に乗って、

撮影して、旅館で映像編集して、移動して、

撮影して、ホテルで絵コンテ作って、また船にのって、

撮影して、ホテルで編集して、移動して、

撮影して、ホテルで台本作って、移動して、

また撮影して…。

学校に行って、島に渡って、湖に行って、最後は山に登って、スキーで締めくくる。

とにかく天気がもってよかったです。誰もケガすることなく1週間を終えてよかったです。

撮影が連日続いたりするときこそ、安全面にしっかり留意し、撮影に臨まなければなりません。

そして、いろんな人々とのご協力があって、撮影が行えたことに

改めて感謝したいと思います!


 

 

 

 

 

 

神頼み

通常、オープンで撮影する場合、

(当然雨天ではいい絵も撮れないので)

予備日を設けて臨むのが常です。

ただ中には、様々な諸事情から予備日を設けることができない場合もあります。

そんな時は昔ながらの神頼みってやつです。

この日の滋賀県は降水確率70%でした。

撮影の当日朝まで、ヤフーの天気予報をひたすら

見て過ごしたのは言うまでもありません。

とは言え、まあ何とかなったりするもんです。

いい天気でした!しかも風も吹かず、

穏やかな琵琶湖の湖畔で良い撮影ができました。

しかし、一難去ってまた一難。

来週も天候が危うい日に、

どうにも後にずらせない一日中オープンの撮影があります。

今度は、降水確率80%です。

(だいぶ降水確率が下がりました)

天気が何とか持ちこたえてほしいです。
 

 

 

 

 

 

 

ものづくりへのこだわり

「テクニカルビジット」という視点から、
愛知・名古屋の魅力を伝えるということで、
数日に及ぶ、各企業さまへのロケが本日で無事終了しました。

愛知は、ものづくりの街です。
それが、自動車であれ、家具であれ、お酒であれ、味噌であれ、
根底にあるものづくりへのこだわりは、おおよそ皆同じだと思います。

伝統という意味では私の会社など、
取材させていただいた企業さまの足元にも及びませんが、
ものづくりへのこだわりという面では、
引けをとらないよう、これからも精進し挑んでいこうと思います。

 

 

 

 

 

グランピング

近年注目されている新しいキャンプスタイル「グランピング」。

グランピング/glampingとは、
グラマラス/glamorous(魅力的な)とキャンピング/campingを組み合わせた造語で、
自分でテントやキャンプ道具などを用意しなくても気軽にキャンプ体験を楽しむことができ、
ホテル並みの快適なサービスも受けられる、近年注目されている新しいキャンプスタイル。

ということで、本日は滋賀県米原市にある
グランスノー奥伊吹のグランピング施設「グランエレメント」様にて撮影を慣行。

伊吹山に見守られながら、
シックに演出された空間が膨大な敷地に繰り広がる。
その中で楽しむ美味しい食事とお酒。

なるほど、これは確かに魅力的だ。
値段もさほど高くもなく、名古屋から程よい距離の場所にあるのもいい。
ここならプライベートでも来てみたい!

早くコロナが収束して、観光地や行楽地に人が戻って来てほしいと節に思う。

 

 

 

 

コロナ過での撮影について

今年初の撮影。
天気にも恵まれて、いい感じの撮影ができました。
とは言え、コロナ過での撮影は、それ以前よりも様々な面において労力がかかるのも事実です。

まず撮影スタッフには前々日より、
体温測定および体調の報告をお願いしています
健康がそぐわないと判断した場合にも備え、別のスタッフにも一応声がけをしておく。
(※無論、自分も例外ではありません。)

当然、その方にも遡って健康チェックをさせていただく。
もし仮に発熱があったりして、撮影にのぞめないスタッフがいた場合、
(※幸いにもそのようなケースはまだないのですが)
当初のスタッフにも代理のスタッフにも、双方にギャランティをお支払いする算段を立てておく。
こうすることで、正直に報告してもらえると勝手ながら思っています。

そうしてようやく撮影に臨むのですが、
これがまた色々とコロナ対策に追われます。
と言っても徹底したマスク着用・アルコール消毒につきるのですが、やはり大変です。

まずアルコール消毒ですが、
撮影機材や小道具など、得てして多数のスタッフが手にするものは、
こまめにアルコール消毒を行います。中にはアルコール厳禁のものもあるので、その場合は他の方法で消毒します。
撮影がオンタイムで進行していればまだいいのですが、時間が押したりしていると、まあ大変です。
なので、そういう時間も予め加味した香盤表を作成して、撮影に臨むようにしております。

そしてマスクですが、これがまた色々な意味で大変です。
通常、撮影スタッフは皆マスクを着用し、業務にあたるので特段問題はないのですが、
時として演者さんには、本番の時に「マスクを外してもらわなければならない」ケースがあったりします。
いや、言い直します。「寧ろマスクを付けてたほうがいいかも?」と思われるケースがあったりします。
歯切れが悪くてすいません、ホントこの線引きがとても難いんです。

テレビコマーシャルのように作りこみの要素が少なく、
ドキュメンタリー的要素が多くを占める企業VPなどの場合、
そして、「今」という空気感みたいなものを映像に出そうとしたとき、
マスクを付けてないことが逆に不自然だったり、無頓着に見えてしまうときがあります。

例えるなら、撮影時に消火器やカラーコーンをカメラフレームから意図的に退かす行為に少し似ています。
或いは、最近のテレビ番組などにおいて、ソーシャルディスタンスも確保できない距離で、
マウスガードのみで会話をしている光景を例に挙げた方がいいかもしれません。

要は、見てくれが多少悪くなろうが、あるべきものが、あるべきところに、あるべきようにある。
これって意外に大事なんだと思います。リアルを追求するなら尚更です。
マスクのある世界。マスクのある日常。マスクのある会話。
これって、これから先、しばらくの間は当たり前のこととして、受け入れていくべきではないでしょうか?

とは言え、最初に述べた通り、クライアントさま、出演者およびスタッフの皆さまの協力もあって、
とてもいい感じの撮影ができました!
ほんの少しだけ面倒は増えましたが、撮影が面白いことに変わりはありません!

写真は、先日コストコで買ったPCR検査キットです。
是が非に欲しかったわけもなく、そして当然ながら使わないに越したことはないのですが、
それでも一応、手元に置いておこうという思いに至り、購入しました。
結局使わずに、何でこんな無駄なモノ買ったんだろう?って笑う日が来たら幸いです!
 

 


pagetop